FC2ブログ

はちもん。

3匹のヒョウモントカゲモドキと7匹のニシアフと1匹のフトアゴヒゲトカゲとの日々。

すっかり治りました。

写真 2018-12-08 19 31 49 (1)


紋児の左目、現在はこのとおりすっかり治ってしまいました。

最初は▼こんな感じだったのに。



おそるべし、驚異の回復力。
ポテンシャルが違うね、ヤモリは。

写真 2018-12-08 19 31 49 (2)
(`・ω・´)キリッ


ドヤァ感パナイでw

ほんと、治ってよかった。


よろしければ応援のぽち!(o'▽')σお願いします☆
にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村 その他ペットブログ ファットテールゲッコーへ

さよなら、琥珀。


悲しいご報告になりますが、先日、11/24に
琥珀(ニシアフリカトカゲモドキ・ズールーhetキャラメルアルビノ)が天に召されました。


写真 2018-09-26 19 58 42


11/17に病院にお預けして、手術をし
11/24までの間に先生から様子と症状をお伺いしていて、
病理検査の結果、『腺がん』と『痛風結節』という病で、
治る見込みがないことがわかりました。


琥珀の身体にある悪性腫瘍を切除しても取りきれないほど
癒着が激しく、尾部にも至っていて不可能な状態
(切除しようと思うと骨盤を開いての大掛かりな手術になり、術中死は避けられない)でした。


写真 2018-09-26 19 59 09


先生には、安楽死という選択について予めお話していたこともあって、
先生から、今回の例は非常に稀なので、もしよければ、一つの症例として琥珀ちゃんを引き取り、
今後のニシアフリカトカゲモドキの治療の為に役立てたい、というご提案があったので、お願いしてきました。


写真 2018-09-26 19 57 08


最後になってしまった道中での写真や動画が
もしかして最後になるよって教えてくれていたのかなとか。

そんなわけはないですけどね。

生き物との別れは本当につらいことです。


写真 2018-11-25 13 04 24
▲今回の手術・入院代


選別交配や、近親交配によって、
腫瘍や病気に弱い因子をもってしまったりする可能性は高くなるということでしたので、
やはり繁殖していく上ではワイルド個体を入れていく等して
血が濃くならないようにしていかなければ、琥珀のように病で苦しむ子はいなくならないでしょう。

国内CBだから安心とか、そういうことはないってことですね。


琥珀は本当は痛い思い、苦しい思いしていたかもしれません。
痛いと言う事も出来ないし、苦しいと伝えることもできない動物です。
これは人間のエゴというか、
自己満足かもしれませんが、

どうか天国で安らかに。
私たちの元に来てくれて、ありがとう。
短い生を、精一杯生きてくれて、ありがとう。


よろしければ応援のぽち!(o'▽')σお願いします☆
にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへにほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへにほんブログ村 その他ペットブログ ファットテールゲッコーへ

名古屋BOにて♪


こんばんは。しーです´ω`

ツイッターではすでにご報告しておりましたが、
新しい家族を先日の名古屋BOにてお迎えしました(#^.^#)

写真 2018-11-19 22 54 47





サムネはそのうちの1匹、蘭丸くんです。
琥珀と同じ、ズールーhetキャラメルアルビノ。

黒目がクリクリでかわいいやつです。


写真 2018-11-22 18 22 26 (3)


そして、今日人知れず脱皮をしていたのが、ぽてと。
ホワイトアウトhetオレオです。

ブルーテールがきれいで、タンジェリンが際立ってます。
ショートテールで、ぽっちゃり体型な女の子。夫のお気に入りです´ω`


写真 2018-11-22 18 22 26 (2)


そして、右に写っているパターンレスの女の子、名前はカカオ!;)


写真 2018-11-18 16 51 15


カカオはまだあまり写真撮れていません(^_^;)

うちにきて早々は環境になれてもらうためにも、そっとしておかなきゃだめですしね!


いつかホワイトアウトの佐助との子か、
オレオとの劣性コンボも・・・ なんて考えてのパターンレス。


本当はメスだけをお迎えする予定だったのに、
なぜか出品されているのはオスが多かった!

いつもはメスばっかなのにね´ω`

そしてベビーサイズばっかりだったなあ・・・
こんな小さいうちから飼うのは初めてなので、緊張しますヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ


とりあえず、餌食いもいいし、ちゃんとピンセットから食べてくれるので一安心です。


この子達のだれか、ベビーを産んでくれる日がくるでしょうか・・・!


まずは成長が楽しみです(#^.^#)


よろしければ応援のぽち!(o'▽')σお願いします☆
にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへにほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへにほんブログ村 その他ペットブログ ファットテールゲッコーへ

腎臓の病気

写真 2018-11-17 6 54 14


琥珀を連れて、11/17(土)朝一で病院へ行ってきました。
写真は道中のもの。


写真 2018-11-17 8 00 37


ケースの中は落ち着かないのか、
私の袖の中でじっとしてる琥珀。


写真 2018-11-17 8 12 35


頭隠して尻隠さず?


この日、昼過ぎに手術をして、
夕方に院長先生から入電。

昨日もお話させていただきましたが、
どうやら、かなり重度の腎不全だそうです。

尿酸値を下げる薬を投与してみて、今週の土曜日まで様子をみてもらうことに。

夫との話の中で、残酷かもしれませんが、
このまま苦しみながら生きるのは琥珀も私たちもつらいということもあって
場合によっては安楽死を選ぶかもしれません。

これは賛否両論があるかと思います。。

できることなら寿命まで生きていてほしい。
でも薬に頼りながら、じわじわと苦しみながら弱っていくのはどうなんだろう。

考えても考えても、どっちが正しい答えで、どっちが間違いなのかがわかりません。

今日は病院からの連絡はなかったので、
生きていてはくれているんでしょう。

生きている以上は、生きようとするのが動物。

この子の痛みがどの程度なのかも知る術はありません。

きっとどっちの決断をしても、
胸が裂かれるように痛むのは同じなんだろうな。



よろしければ応援のぽち!(o'▽')σお願いします☆
にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村

診察結果

写真 2018-11-10 21 56 42


みなさん、こんばんは(^^)

今日は朝から佐助と琥珀を病院に連れて行きました。


佐助のプラグ詰まりについて。



佐助のプラグは、ここまで大きくなっている場合、
取り除くには局所麻酔をして切開→切除して縫合 になるそうですが、
ヘミペニスのあたりには太い血管が走っているため、
下手にやると出血が多くなる可能性があるとのこと。

このまま放置していくと、そのうち皮膚が裂けてきて露出するので
そのとき取れたら凹んで、皮膚は再生するそうです。
その場合自然に徐々に裂けていくので出血は少なくすむし、
手術してすぐにでもどうにかしなきゃいけないっていう程のことでもないので、
自然に任せることに。

念のため化膿しないよう抗生物質の飲み薬は処方していただきましたが、
化膿したとしてもそう深刻な問題にはならない、とのことでした。



琥珀のお腹の張り・尻尾の痩せについて。



琥珀のお腹については、レントゲンとエコーで診てもらいましたが、
例によってはっきりとした症状は特定できないけれども
おそらく、≪卵管蓄卵材症≫なのではないかという診断。

読んで字のごとく、
卵管に卵の中身が詰まる病気だそうです。

卵詰まり(卵の殻ができている状態)であれば、注射で排出を促したり
手術で卵だけを取り除く(生殖器は温存できる)ことは可能ですが、
卵管の病気だとすると、やはり生殖器は切除するしかなく。

手術するにしてもしないにしても繁殖はできない という結果になりました。



▼琥珀と佐助の診察代。

写真 2018-11-10 21 36 56


写真 2018-11-10 21 35 30



琥珀のこれからのこと。



繁殖することを考えて琥珀はお迎えした子ではありますが、
繁殖に使えないから、病気になったから、と
手術せずに見殺しにするという選択ができるわけもなく・・・

愛着をもって飼っている以上は、治る可能性にかけて
先生に委ねるしかないかなと思っています。

まずは薬で変化が見られればいいのですがね。


続きはまた次回。


よろしければ応援のぽち!(o'▽')σお願いします☆
にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
にほんブログ村